イング現場レポート

イングが手がける建築現場をレポートします!

H29 秋田市H様リノベーション 間仕切り骨組み造り 

骨組みを造る
プランに合わせて、既存の間仕切り壁をのぞいたり、新しい壁を造ったりと
骨組みを決めてゆきます。

同時に、いろいろと取り付けられる設備のために、下地材を入れてゆきます
しっかりと下地があることで、長年にわたって丈夫に使用できます
だいじですよね! 101.png


新しい開口部のために既存の壁を撤去

b0184723_09445135.jpg

玄関を広げるために既存の造り付け収納を解体しました
b0184723_09454514.jpg
いつも同時に動いているのが電気工事
大工工事の進みぐわいに合わせて、進みすぎないように、遅れないようにリフォームならではの対応が必要になります
b0184723_09462603.jpg
壁位置の移動
洗面所回りを洗面脱衣室・廊下・収納と機能別に分けるために壁を取ったり新設したりしています
b0184723_10231502.jpg
冷え込みが気になっている西側の壁には断熱材を補強しました
b0184723_10164999.jpg
b0184723_10175696.jpg
傷んだヵ所の交換
洗面所の窓額縁が割れて剥がれていたので交換します
交換前にサッシのカビ取り掃除  きれいにしてから新しくイメージに合ったホワイトの窓枠を付けます
b0184723_09480694.jpg
壁下地入れ
窓の上下につける棚の下地を入れます  棚受け金具の下地材も忘れずに 
コンセント位置の移動・増設に伴い壁の補修が必要になります
b0184723_10182871.jpg

狭いながらの勝手口を別部屋になるように間仕切り壁を作るので壁下地を入れます

シート補修
外壁側の作業のため空けたシートは気密テープ(白)で補修しました
b0184723_10192441.jpg
新しい間仕切壁の造作 照明・コンセントの配線
b0184723_15415377.jpg
天井均し
個々に分かれていた部屋をワンルームにつなぐと、天井の高さの違いが出てきます
必要な場所は、天井材を重ね張りして同じような高さにしてゆきます
b0184723_15420445.jpg




by inggenba | 2017-10-31 14:10 | リフォーム:秋田市H様